甲賀市企業人権啓発教推進協議会    
トップページ
>トピックス:豆知識
協議会の概要
入会のご案内
年間行事
研修案内
人権ビデオ貸出
トピックス
相談窓口案内
リンク集

たのしい男女共同参画 Vol.11

男女の賃金の違い

男女の賃金の違い\336,700\225,200男性女性100%66.9%
厚生労働省「賃金構造統計調査」(H19)
 一般労働者の男性と女性の平均賃金をみると、女性の平均賃金は男性の66.9%です。
 この男女の賃金格差の推移を長期的にみると、男女雇用機会均等法が施行された1986年の59.7%から縮小傾向にあります。
 しかし、国際比較をすると、日本との格差は大きい状態です。
アメリカ(2007)⇒ 80.2%
イギリス(2004)⇒ 76.8%
フランス(2002)⇒ 74.1%

格差の要因は…

役職別管理職に占める女性の割合部長課長係長4.1%6.5%12.5%
役職別管理職に占める女性の割合
厚生労働省「賃金構造統計調査」(H19)
 管理職の割合をみると、管理職などの役職についている女性は2割程度であり、管理職の数で圧倒的に多いのは男性です。
また、勤続年数別による管理職の比率でも、勤続20年以上で課長になる割合が男性は21%に対し、女性は4.9%、勤続25年以上で部長になる割合が男性は11.6%に対し、女性は0.9%となっており、勤続年数が長くなるほど管理職への昇進に男女差が出ています。
 次に、雇用者の平均勤続をみると、年齢と勤続年数でも男女差があり、この違いには女性が結婚や出産・育児、介護等を理由に退職していることが考えられます。
平均年齢は?   平均勤続年数は?
男性41.9歳 : 女性39.2歳   男性13.3年 : 女性8.7年

賃金格差の要因
 管理職に女性が少ないこと女性の平均勤続年数が短いことが考えられます。
この賃金格差は、毎月の給料に表れるだけでなく、毎月の給料を基とするボーナスや退職金、年金が算出されるため、生涯収入でみると大きな格差となります。
 また、働く女性の53.6%を非正規が占め、その割合は年々増加の傾向にあります。非正規の女性の賃金は男性一般労働者の4割前後で女性一般労働者よりも低い状態にあり、男女間の賃金格差をさらに広げています。
 非正規が増えている原因には、企業が正社員よりも賃金が安く、雇用調整しやすい非正規を増やしたことや多くの女性が家事・育児・介護を担っているため、短時間で働ける非正規を選ばざるを得ない状況が考えられます。

 格差を無くすために…
 女性の社会進出は進み、正社員として働き続けることで高収入を得る女性も出てきましたが、働く女性の半数以上が非正規に就いており、低賃金で不安定な就労条件のもとで働いているため、女性の間での格差も広げています。
 格差をなくすためには、女性管理職を増やすためのポジティブ・アクション(積極的改善措置)を行うことや同一価値の労働であれば同一報酬にする「同一価値労働同一賃金」を実現すること、そして、男女が共に仕事と家庭を両立できるようにするため、多様な働き方を選択できるしくみを進めていくことが必要です。

※「たのしい男女共同参画」に関するご意見・ご質問などは、甲賀市人権推進課 男女共同参画担当(TEL 0748-65-0695/メール koka245000@city.koka.shiga.jp)までお願いします。
※また、同内容をイラスト入りで分かりやすく紹介したpdfファイルが甲賀市ホームページで入手できます。
 http://www.city.koka.shiga.jp/guide/human_rights/danjo/tanoshii_danjo/index.php


次の豆知識へ>
豆知識トップに戻る>


 


甲賀市企業人権啓発推進協議会 事務局
〒528-8502 
甲賀市水口町水口6053 甲賀市役所 産業経済部 商工労政課労政係内


TEL 0748-69-2188 FAX 0748-63-4087
  当サイトを快適にご覧いただくには下記プラグインが必要になります。
Get Adobe Reader
  Copyright(c) 2014 KOKASHI KIGYOU JINKEN KEIHATSU SUISHIN KYOGIKAI. All Rights Reserved. ページトップ