ヒガンバナ(彼岸花)

 

秋の彼岸の頃、田のあぜや土手に鮮やかな赤い花を咲かせます。花が終わると葉が伸びだし、春に枯れます。
球根にはデンプンが多く、栽培もされていましたが、リコリンという有毒成分が含まれています。
秋の訪れを告げ、里の秋に彩りをそえる花です。