甲賀寺跡

紫香楽宮と周辺の遺跡

遺跡の情報

遺跡の概要 江戸時代から礎石・古瓦があることが知られ、大正15年に最初に「史跡紫香楽宮跡」として指定された。
その後の調査・研究で聖武天皇によって造られた「甲賀寺跡」と推定されている。現在地表面に見られる礎石は甲賀寺の後に造られた近江国分寺の遺構とする説が有力。中門の北側に金堂跡、さらに北側に講堂跡が一直線に並び、東側に塔跡がある。
昭和38~42年にかけて遺跡の環境整備事業が実施されている。
遺跡の性格 寺院跡
場   所 滋賀県甲賀市信楽町黄瀬・牧
遺跡の現状 遺跡は雑木林に囲まれた丘陵上にあり、地表面に残された礎石を見ることができる。見学ルート上は日常管理され、見学しやすい。
南側にトイレや遺跡説明版がある。※駐車スペースあり(数台可)
遺跡の写真
出 土 品 古瓦、鉄釘など。瓦はこれまでの調査で3種類出土することが知られており、このうちⅠ形式軒瓦は恭仁宮出土の瓦と同じ型で作られており、さらにこちらで使われた瓦の方が古いことが分かっている。