宮町遺跡

紫香楽宮と周辺の遺跡

遺跡の情報

遺跡の概要 昭和58(1983)年から続けられてきた発掘調査により、
紫香楽宮の中枢施設と推定される宮殿建物や長さ100mを超える朝堂などが良好に残る。
また、これまでに7000点を超える木簡が出土し、古代史を研究する上で重要な遺跡となっている。
遺跡の性格 紫香楽宮跡 宮殿地区  
場   所 滋賀県甲賀市信楽町宮町
遺跡の現状 農地及び集会所
遺跡は水田風景が広がるのどかな集落にあり、遺跡は水田の下に眠っている。周辺の風景は3方を山に囲まれており、みやこをつくる適地とされた景色を今も保っている。
遺跡の写真 遺跡は普段水田の下に埋もれており、遺構を直接見ることはできないが、遺跡中央にある集会所横に遺跡の説明版がある。
出 土 品 発掘調査では当時みやこの人が使っていた土器(土師器・須恵器)や木簡、木製品などが出土している。出土遺物の一部を調査事務所併設の展示室で見ることができる。写真右の柱根は年輪年代測定により伐採年が紫香楽宮の時代とピタリと一致した。宮町遺跡調査の契機となった資料。